• HOME
  • 金融商品等の取引に関するリスクと諸費用

金融商品等の取引に関するリスクと諸費用

金融商品等をご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格等の変動による損失が生じるおそれがありますので、金融商品等の取引に際しては、当該商品等の契約締結前交付書面等をよくお読みください。

国内株式

リスク説明
  • 株券等(※1)の売買等にあたっては、株式相場、金利水準等の変動や、投資信託、投資証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品等(裏付け資産※2)の価格や評価額の変動に伴い、株券等の価格等が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
  • 株券等の発行者等の業務や財産の状況等に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者等の業務や財産の状況等に変化が生じた場合、株券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
  • 新株予約権、取得請求権等が付された株券等については、これらの権利を行使できる期間に制限がありますのでご留意ください。
  1. 株券等には、株券(国内市場上場の外国株券を含む。)、新株予約権証券、上場投資信託、上場投資証券、受益証券発行信託の受益証券、新株予約権付社債券等並びに新規公開株式及び新規公開の投資証券を含みます。
  2. 裏付け資産が、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等である場合には、その最終的な裏付け資産を含みます。
手数料等諸費用について

手数料等についてのページに記載の手数料をお支払いいただきます。

新規公開株式等の募集、売出しまたは相対取引の場合は購入価格をお支払いいただきます。
また、お客さまとの合意にもとづき、別途手数料をいただくことがあります。

外国株式

リスク説明

外国株券等の取引にあたっては、株式相場、為替相場等の変動や、投資信託、投資証券の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品等(裏付け資産※2)の価格や評価額の変動に伴い、投資対象である外国株券等の価格等が変動することによって損失が生じるおそれがあります。外国株券等の発行者等の業務や財産の状況等に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者等の業務や財産の状況等に変化が生じた場合、金融商品の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。また、 新株予約権等が付された金融商品については、これらの「権利を行使できる期間の制限」等があります。

  1. 外国株券等には、 外国市場上場の外国株券、新株予約権証券、上場投資信託、上場投資証券等を含みます。
  2. 裏付け資産が、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等である場合には、その最終的な裏付け資産を含みます。
手数料等諸費用について

手数料等についてのページに記載の手数料をお支払いいただきます。

国内債券

リスク説明

債券は市場の金利水準等の変化に応じて価格等が変動しますので、償還前に途中換金する場合には損失が生じるおそれがあります。

手数料等諸費用について

主に募集・売出し等や、西日本シティTT証券が直接の相手方となる等の方法により行なうため、購入対価のみをお支払いいただきます。
債券の売買、利払い、償還等にあたり、円貨と外貨を交換する際の為替レートは、外国為替市場の動向をふまえて西日本シティTT証券が決定した為替レートによるものといたします。

外貨建債券

リスク説明
  • 信用リスク
    債券の利息および償還金の支払は発行者の義務となっております。発行者の財務状況の悪化等により発行者が本債券の利息または償還金を支払わず、または支払うことができない場合には、投資家は損失を被りまたは投資元本を割り込むことがあります。
  • 価格変動リスク
    償還前の債券の価格は、金利の変動、発行者の経営・財務状況の変化および発行者に関する外部評価の変化(例えば格付機関による格付の変更)等により変動しますので、償還前に売却する場合には投資元本を割り込むことがあります。
  • 為替リスク
    外貨で支払われた債券の元利金は、外国為替相場の変動により円で換算した場合の支払額がその影響を受けます。また、これにより、円換算した償還価額または売却価額が投資元本を割り込むことがあります。
手数料等諸費用について

主に募集・売出し等や、西日本シティTT証券が直接の相手方となる等の方法により行なうため、購入対価のみをお支払いいただきます。
債券の売買、利払い、償還等にあたり、円貨と外貨を交換する際の為替レートは、外国為替市場の動向をふまえて西日本シティTT証券が決定した為替レートによるものといたします。

投資信託

リスク説明

投資信託、投資証券はその投資対象となっている株券、債券、投資信託、不動産、商品等(以下、『裏付け資産』『※』といいます。)の価格や評価額に連動して基準価格が変動し損失が生じるおそれがあります。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割込むことがあります。その他外貨建て資産に投資した場合には為替変動リスク等もあります。
投資信託、投資証券は裏付け資産の発行者の業務や財産の状況等に変化が生じた場合、投資信託、投資証券の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
投資信託等には、解約することができない一定の期間(クローズド期間)が定められているものもありますのでご留意ください。

  • 裏付け資産が、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等である場合には、その最終的な裏付け資産を含みます。

リスク等の詳細については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されておりますので、お申込みにあたっては投資信託説明書の内容をご確認ください。

手数料等諸費用について 手数料等についてのページに記載の手数料をお支払いいただきます。

年金保険

リスク説明

変額個人年金保険については、資産運用が国内外の株式や債券等に投資する投資信託等を通じて行なわれるため、株価や債券価格などの変動により、積立金額や解約払戻金額が払込保険料を下回るおそれがあり、損失を生じる場合があります。
また定額個人年金保険は、市場金利に応じた運用資産の価格変動が解約払戻金に反映されるため、市場金利の変動により解約払戻金額が既払込保険料を下回るおそれがあり、損失を生じる場合があります。具体的には、中途解約時の市場金利がご契約時と比較して上昇した場合には、解約払戻金は減少し、下落した場合には増加することがあります。
更に、通貨選択型保険は、外貨建資産で運用するため為替相場の変動により損失が生ずるおそれがあります。

手数料等諸費用について

年金保険のご契約については、商品ごとに保険関係費用、運用関係費用等の諸費用を足し合わせた費用となりますが、商品ごとに費用は異なるため上限額またはこれらの計算方法の概要を記載することが出来ません。
商品ごとに諸費用およびリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」、「特別勘定のしおり」または商品ごとの「商品のくわしい説明」をご確認ください。

NCTTファンドラップ

リスク説明

投資信託等については、投資信託の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品等(以下「裏付け資産」といいます。)の価格や評価額または参照指数の変動に伴い、その投資信託の基準価額が下落し、損失を被ることがあります。外貨建の裏付け資産を組み入れる場合は、これらに加え、外国為替の変動により、その投資信託の基準価額が下落し、損失を被ることがあります。投資信託が海外の資産を裏付け資産とする場合は、各投資対象国・地域の政治・経済、金融市場、社会制度、対外関係等の変化により、資産価格の変動や為替変動に伴い、投資信託の基準価額が下落し、損失を被ることがあります。裏付け資産の発行者等の倒産や財産の状況の悪化等及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資信託の基準価額が下落し、損失を被ることがあります。
投資一任契約に関するリスクとして、資産配分や銘柄選択により契約資産の評価額が下落し、損失を被ることがあります。
お客さまの投資元本は保証されているものではなく、投資元本を割り込むことがあります。また、運用における損益は、すべてお客さまに帰属します。

手数料等諸費用について

NCTTファンドラップのページに記載の手数料をお支払いいただきます。

お取引に際し、お客さまのご利用口座またはお取引窓口によってお取り扱いの商品やサービス等が異なりますので、口座開設・ご投資の際は、ご注意ください。

金融商品等の取引に関するご留意いただきたいこと
金融商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格等の変動等による損失が生じるおそれがあります。
手数料等およびリスクは、商品等ごとに異なりますので、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面または目論見書等をよくお読みください。